MOMO's DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1・17

街は見違えるように生まれ変わっている。
けれど18年経った今も深い哀しみを抱きながら人々は生きているのだと思う。

あの朝
揺れで目を覚ました私はそばにいた息子を抱きしめた。
娘は手を伸ばしてもちょっとだけ届かないところで眠っていた。
揺れがおさまるまで息子を抱きしめ娘を見つめていた。

もしももう少しひどい揺れで何かが娘の上に落ちていたりしたら私はどれぼど自分を責めただろう。
なにもなかったけど、今思い出しても娘に対して申し訳ない気持ちになる。
どうして息子を抱き娘のところまで行って一緒に抱いていてやらなかったのだろうか、と。

ほんの少しの揺れだったココでさえあの一瞬を忘れることは出来ないのに、多大な被害を受けた人々のおもいはどれほどのものだろう、と思う。

1・17も3・11も
もちろんそれだけではない抗えないものによって被害をうけたいろいろを忘れてはいけない。

近い将来、大きな東南海地震と大津波が起こるといわれている。
とても怖い。
R0018614_convert_20111027155216.jpg

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あの朝

揺れで目を覚ました私は
寝ていた娘に覆い被さって
「はやく揺れが収まってくれ」と
じっとしていました。
じっとすることしかできなかった。

今日、新聞を読みました。テレビも見ました。
ももさんの日記で、
とても大切なことを考えさせてもらいました。
「忘れてはいけない」言葉にするのは簡単ですが、
それを考えることは、なかなかできないことだと思いました。

時間泥棒 | URL | 2013/01/17 (Thu) 23:23 [編集]


泥棒さんへ

『じっとすることしかできなかった。』

同じだったんですね、泥棒さんも娘さんを抱いて。
いろいろなおもい、忘れたくないです。
忘れたい、と思う人もいるだろうけど、私は忘れたくないです。

もも | URL | 2013/01/19 (Sat) 09:43 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。